オロナイン軟膏でカミソリ負けは対策できる?

pixta_6787108_S

ムダ毛処理をすると肌が赤くなってヒリヒリしたり、かゆくなる。
そんな経験をしたことがある人も多いと思います。

 

カミソリ負けにはオロナイン軟膏が良いといいますが、皮膚科に行かなくても大丈夫なのでしょうか?
では、カミソリ負けを防ぐ方法やカミソリ負け対策についてご紹介しましょう。
皮膚科ならカミソリ負けにステロイド剤を処方することも

 

カミソリを使ってムダ毛を剃ると、肌が赤くなってヒリヒリしてしまう。ムダ毛処理をしたところがかゆくて仕方ない。

 

これはカミソリを使ってムダ毛の処理をした結果、カミソリ負けを起こしてしまった状態です。
カミソリの刺激で皮膚は傷つき、皮膚の表面は削られてしまうため、炎症を起こしているのです
また、良かれと思って塗った薬でさらに炎症が悪化してしまうこともあるでしょう。

 

このように皮膚の赤味やかゆみが続いてなかなか治らない時には、迷わず皮膚科で診てもらうことが大切です。
勝手な判断で適当に薬を塗ると、皮膚の炎症はますますひどくなり、余計に治りが遅くなってしまいます。
間違ってもカミソリ負けをした肌にニキビ用の薬を塗るようなことをしてはいけません。ニキビの炎症を抑える薬は、カミソリ負けを悪化させてしまうので注意が必要です。

 

皮膚科では、皮膚の炎症を抑えるステロイド剤を処方することもあります。
ステロイドの入った薬を怖がる人もいるようですが、むやみに怖がる必要はありません。

 

ステロイドが怖いと思っている人の多くは副作用を心配しているのだと思いますが、副作用が出るのは、飲み薬や点滴などで大量に長期間ステロイドを投与した場合です。
皮膚に塗る外用剤で心配するような副作用が出ることはまずありません。
あるとしたら、同じ場所に長期間塗り続けた場合に、皮膚が薄くなる可能性があるという程度です。

 

使用法を守り、正しく使用する分には、良く効く薬ですので、怖がらずに上手に使用しましょう。
症状がひどい時には、早めに皮膚科で受診してください。

 

オロナインは殺菌消毒、止血鎮痛の作用がある

オロナイン軟膏といえば、誰もが知っている薬ですよね。
家庭用の常備薬として家に置いているというご家庭も多いことでしょう。

 

カミソリ負けをしてしまった時は、オロナインがあればそれを塗って様子をみてみましょう。
症状が軽ければオロナインを塗っただけですっかり治ってしまうこともあります。

オロナイン軟膏には、殺菌・消毒の成分が含まれています。
また、傷の止血鎮静作用のある成分も入っています。
これらの成分が、カミソリ負けにも効果があるのです。

カミソリ負けは、カミソリでできた皮膚の細かい傷に雑菌が入り炎症を起こしている状態です。
オロナインの成分が作用し、炎症が治まることが多いようです。
ただし、数日使用してみても変化がみられない時や逆に悪化してしまった場合は、皮膚科で診てもらいましょう。

 

ムダ毛処理前の準備をしっかりするのがポイント

では、ムダ毛処理をしたあとのチクチクを少しでも避けるために、何か気をつけることはあるのでしょうか?

 

処理をする部位によっては、ヒートカッターなどで熱処理をすることで、カットした毛先が丸くなり、チクチクを予防することができます。
また、除毛クリームは、薬剤で毛を溶かすので毛先が尖ることはなく、チクチクを抑えることができます

 

とはいえ、ヒートカッターを使用できる部位は限られていますし、除毛クリームは肌に合わなかったり、毎回購入する必要があったりするため、やはりお手軽なカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしている人は多いですよね。

 

これらの場合も、事前の準備をしっかりすることで、チクチクを軽減することは可能です。

まず、よく切れるカミソリを用意し、必ず専用のシェービングクリームやジェルを使いましょう。
切れ味の良い刃でサッと処理することで、肌への負担を少なくすることが大切です。

 

切れにくい刃で、力を入れたり何度も同じころを剃ることは、肌への負担を大きくします。また、何も塗らずに剃ることは厳禁です。

 

入浴中にボディーソープで代用する人も少なくありませんが、ボディソープは、皮脂を奪ってしまい、乾燥を促します。皮膚の表面が傷つくと、毛の切り口が余計に刺激となり、チクチク感が増すだけでなく、炎症を起こす場合もあります。

 

毛抜きを使う場合は、抜く前に、蒸しタオルで毛穴をしっかり広げておきましょう。毛穴を広げ、毛の流れに沿って丁寧に抜くことで、肌への負担をある程度抑えることができます。

 

処理後に塗るクリーム類にも気をつかおう!

処理前の準備と合わせて大切なのが、処理後のケアです。
どんな方法で行ったとしても、ムダ毛処理をした後の肌には負担がかかっています。処理後の肌をしっかりと保湿することが大切です。

 

固めのボディクリームなどではなく、水分が多めのローションや乳液などで保湿をしましょう。
刺激の強いものは炎症を起こすこともありますから、注意が必要です。また、肌の弱い人は、時間をおいて数回塗ることをおすすめします。

 

部位にもよりますが、普通、身体の場合はお顔ほどデリケートではないでしょうから、使用する保湿商品はそれほど高価なものでなくてもかまいません。
一般のドラッグストアで購入できる市販のクリーム等でケアするとよいでしょう。

 

最近ネット上で話題の、抑毛効果のあるローションもおすすめです。普段通りに保湿しているだけで、ムダ毛の成長を抑えることができるので、手間がかかりませんし、ムダ毛処理の回数が減るのはうれしいですね。
毛そのものも細く弱くなってくるようですから、カット後のチクチクも軽減できます。

 

効果については個人差がありますし、即効性はありませんから、いつものケアにプラスする気持ちで取り入れてみてはいかがでしょう。
ムダ毛処理をしたあとのチクチクは、カットした毛の先端の形状によるものだけでなく、肌への刺激がもとでも起こります。

 

チクチクを完全になくすためには、永久脱毛をするしかないのかもしれませんが、普段のお手入れ時に少し気をつけるだけでも、ずい分チクチク感は違ってくるようです。
処理後の満足感やきれいな状態を維持できる期間など、どれもよくないことはわかっていても、ついつい頼ってしまうのがカミソリによるムダ毛処理ですよね。
他の方法で処理する場合も、補助的に使うことは多いでしょう。
ちょっとの心がけでチクチク感を抑えて、気持ちよく過ごしたいですね。

 

ban_02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

キレイモについて
キレイモを利用したモデル・アイドル・グラビア・芸能人の体験談を元にサイトをまとめました。また、脱毛の詳細な基礎知識など、これからサロン選びをする女性に役に立つ情報も盛りだくさんでお届けします。
芸能人・モデル