おでこの産毛はどうやって処理すればいいの?

2015/07/24


↑ ↑ ↑
おでこの産毛も脱毛可能♪キレイモは初回無料&無理な勧誘ナシ

生え際の産毛が濃いとおでこが狭く見える
pixta_5991467_S生え際の産毛が濃いと気にしているあなた、もしかしたら、自分のおでこが他の人よりも狭いことにコンプレックスを感じていませんか?生え際の産毛がフサフサしていると、狭いおでこが余計に狭く見えてしまうので気になりますよね。

顔の他の部分の産毛はそれほど目立たないのに、なぜかおでこの産毛だけが異常に濃い。眉毛がつながっているように見える、生え際から眉毛までの産毛が波打っているように生えている…など、産毛の濃い人にしかわからない悩みがあるものです。

それでも、おでこが広ければまだ救いはありますが、毛深い上におでこが狭かったら、ますますコンプレックスは強くなるばかり…。いろいろ悩んだ挙句、前髪で隠しているという人も多いのではないでしょうか?

隠していればおでこの産毛が目立つことはありませんが、ヘアスタイルのアレンジの幅は狭くなります。おでこを出すポンパドールや眉上の短め前髪も、おでこの産毛が気になっては挑戦すらできません。

おでこの産毛がほとんどない人にとっては何のためらいもないことでも、おでこの産毛が濃い人にとっておでこを出すことは、とても勇気がいることなのです。

しかし、おでこを出すだけで明るく積極的なイメージに見えるなど、印象さえも変わってきます。モデルなどのオーディションなどでは「前髪を上げてみて?」と最後におでこのチェックをするくらい、やはりおでこは顔の中でも大切なポイント。風水では「額は運気の入り口」といわれています。堂々と見せられるおでこにして、印象も運気もアップさせたいものですね。

顔だからこそ産毛の処理は慎重に!

おでこの産毛の処理は、他の部位とは違い慎重に行う必要があります。やはり大切な顔の一部であるおでこ。顔だからこそ慎重に、丁寧に処理するようにしたいものです。

おでこの産毛を処理する方法として多くの人が行っているのが、カミソリで剃る方法です。自宅で簡単にできる方法ですが、カミソリで産毛を剃る時には注意が必要です。

清潔なカミソリを使用するのはもちろんですが、切れ過ぎると肌を痛めてしまうので、必ず顔用のものを使いましょう。また、何度も使って刃が錆びてしまったカミソリは肌を傷つけてしまう可能性があるため、使わない方がいいですね。

そして、やはり顔はデリケートで肌トラブルも起きやすいところ。カミソリ負けをしてしまっては困ります。クリームを塗ってから優しく剃り、剃った後は十分に保湿しておくことを忘れずに。

生え際だけが濃い場合は、カミソリで剃ると不自然になってしまいます。気になるからと生え際ギリギリのところまで剃ってしまうと、顔の輪郭も不自然になり、生えてきた時には産毛がはねてしまいます。生え際だけが気になる場合は、脱色する方法もおすすめです。

しかしこの場合もやはり顔ということを考えて、肌に刺激の少ない脱色剤を使用し、必ずパッチテストをしてから行いましょう。

おでこの産毛をキレイに処理するには?

おでこの産毛を安全にキレイに処理したいと考えるのであれば、やはり脱毛サロンという手段が最適でしょう。

自分で簡単にできるからとカミソリで毎回産毛を剃っていると、肌を傷めたり肌荒れの原因になりかねません。産毛が濃くて頻繁に処理しないといけない人にとっては、面倒な上にリスクが高い方法です。

産毛がたくさんあると肌はくすんで見えてしまい、何となく顔全体までぼやけた印象になります。また、産毛によってファンデーションが浮いてしまうため、化粧のノリも悪くなり、化粧崩れもしやすくなってしまいます。

しかし、産毛をキレイに処理した肌は、透明感が出てワントーン明るいなった印象に変わります。肌が滑らかになったことで化粧のノリも良くなり、化粧崩れも防げるなど、顔の産毛は処理した方が良いのは明らかですね

そして気になるおでこの産毛も、やはりキレイに処理したいと思うのは当然のこと。カミソリでの自己処理がダメなら、家庭用脱毛器で処理するのはどうでしょうか?

実はこれもNGです。そもそも家庭用脱毛器は顔には使用できないものがほとんどのため、脱毛するならプロに任せるのが一番ですね。

しかし、顔の脱毛をするのはやっぱり不安…という方も多いと思います。隠せる場所ならまだしも、常に人の視線にさらされる顔ですから、脱毛をする場合は信頼できる脱毛エステや医療機関を選ぶようにしましょう。

脱毛サロンで脱毛する場合、おでこだけを脱毛できるエステはあまりありません。その場合は、部分脱毛として顔の脱毛がプランにあるエステを選ぶといいですね。

また、ニキビがあって自己処理ができない場合も、プロにお任せした方が安心かもしれません。生え際の産毛が濃いと額まで狭く見えてしまいますから、おでこが狭い人や産毛の濃い人は産毛の処理に悩んでいる人も多いようです。しかし、常に人目にさらされる顔ですから、産毛処理は慎重に行うことが大切です。

カミソリでの自己処理は、肌を傷つけてしまったり手間がかかるなどのリスクは避けられません。おでこの産毛をキレイに処理するには、信頼できるエステなどで脱毛するのが安心と言えるでしょう。

 

ban_02

キレイモを詳しく解説!

キレイモについて
キレイモを利用したモデル・アイドル・グラビア・芸能人の体験談を元にサイトをまとめました。また、脱毛の詳細な基礎知識など、これからサロン選びをする女性に役に立つ情報も盛りだくさんでお届けします。
芸能人・モデル